クリニックの人工透析設備

にへいなかよし 人工透析設備

透析設備
自動返血対応透析監視装置、熱水消毒機能装備RO水供給装置、コンピューターシステムによる集中管理。ベッド数50床(うち個室2室)

熱水消毒RO装置(三菱レイヨン・クリンスイ社製)を導入

熱水消毒RO装置原水中のET(エンドトキシン)・生菌を大幅カットする前処理 ・軟水装置をナノフィルターに置き換えることで、これまで菌等の汚染増加要因でしかなかった前処理部が、逆に汚染を積極的に除去する機能を持ちRO膜以前からパイロジェン(発熱物質)等の有機物を限りなく減少させることが可能となりました。
またRO装置内の消毒は通常、薬液で行うことが多く薬液残留や頻繁に消毒が行えない等の問題があり、安定した質の良い水質を確保するには容易ではありませんでした。熱水消毒RO装置を導入することで、薬品不使用のため、投薬の手間がなく、タッチパネルにワンタッチで自動運転が可能になり、薬液の残留チェックが不要で消毒後も安心です。薬液では届きにくい液溜まり部も、熱伝導により確実に殺菌できるようになり常に安定した質の良い水質を確保することが出来るようになりました。

 

透析情報管理システム
コンピュータを使用して透析医療における質の維持向上及び業務の省力化、
効率化の実現を目指したシステムを導入しました。

○その他 カード式TV地デジ対応、有線インターネットサービス(無料)